日本語を教えるってどんな感じ?​​
学習者の方ならではの疑問から新たな ”気づき” を得られます

​”日本語” の見え方、感じ方は学習者の方と私たちで大きく異なります。
普段私たちが何気なく使う言葉でも、学習者にとっては不思議なことばかり。
難しい質問には、学習者の方と一緒に考えて答えを見つけます。

​例えば…

  • どうして「もしもし」は電話でしか使わないの?
  • 「初め」と「始め」どう使い分ける?
  • なぜ信号機は「緑色」なのに「”青”信号」? など

どんな人が活動しているの?​​

HANDSに参加する上で、特別な資格は必要ありません!

  • HANDSでは、日本語を教えるのが好きな人から日本語教師を目指す人まで、あらゆる学生が学部問わず活動しています。
    日本語を教えることに興味がある方、毎週の活動に定期的に参加できる方、大歓迎です!

まずは1度、体験に来てみませんか?